MauaDelicatessen 無添加デリとおむすびのテイクアウト専門店 不定期で営業しています
by mauadelicatessen
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
容器のおはなし
隠し撮りをしてみました。



e0189214_172571.jpg



先日。
かわいいお客さんが、素敵なマイ容器を持ってきてくださいました!

思わずズームアップでその全貌をパチリ。


手際良くすでにおべんと包みされて、ちょこんとしています。


e0189214_1135937.jpg



左側:なんと適度なこの容量。日付ダイヤル付き。欲しい。。
右側:優秀で適度な重みの野田ホーローシリーズ。匂い移りも気にならない!


もうこれまで実にさまざまな容器を拝見させて頂いています。

カラフルで小振りなちょっとずつセットや、
どーんといっぱい入る大満足なタッパー、
薄型でB5サイズの仕切りありの容器。

おべんと箱は、懐かしのミスド景品シリーズやプーさんにトーマスなど。

もちろん、お店で提供したプラスチック容器を
持参されるお客さまもすごく多いです。


これ、本当に楽しいんですね。
ゴミが増えないだけで嬉しい。
お客さまが、「ちょっと見て!」と見せてくれる。
これはすでに容器の在り方というものがだいぶ違うと見て取れます。

「容器」と書いていますが、「うつわ」と言って良いのかもしれない。

ちなみに、お皿の方もみえました。

人間は葉や木板を利用して原始を生きてきましたが、
現代、なにも「ないない」と買い足さずとも、
おそらく足下にころり転がっているのだと思います。

とはいっても、人間の購買欲は無限です。

いいモノに出会い、そしてずっと受継げるよう生活に馴染ませ、
またそのモノのある風景をこどもの記憶に残していく

いつの時代にも、不変的な輝きを持つ「モノ」に出逢えるといいですね。



いつもどんな容器が来るかワクワク楽しみです*
[PR]
by mauadelicatessen | 2009-11-27 00:00 | 営業案内
開店から一ヶ月経ちました!
パチパチパチー


本日、お店に来てくれた方から拍手を頂き、
わーすごーい!と自分も自分に驚きました。
長くて早い一か月でした。



思えば、あれはね・・あームニャムニャムニャ・・・と書いて浸ってる暇はないのです!

本日、
古書がどさぁーっと、やってまいりました!



んと、

「はいあなたおしまいね」
「んー、これはまだいいかしら」
「再び舞い戻ってくるやも知れませんね」
などと、徒然舎サンの頭の中でY字路があって、その本の行く先をさささっと導いておりました。



そとは雲のかたまりでどんよーんとした空気だったのですが、
お店の中は、入れ替えたとたんもうピカピカで、ああ本は古いのにまぶしい!

早速、じーーーーーーーーっと見つめ、本にも見つめ返され、、、
んーっ 南極料理人だあー ! おおお!最近のがすでに古本で読めるなんて!




きゃっきゃとはしゃぐ2人。


途中、お客さまが来て、「本のソムリエを主人が・・・」なんていう話題があり、
おおおー、徒然舎サン、だったらもう師範級ですよ。
だって、売れたら寂しくなるくらい子離れできない母の気持ちでいつも本を眺めていますもの。
いい子ちゃんたちばかりで、さすがですー♪
あっ、いやっ、ちゃんと買えますよ◎
私がレジを打つ勇気があれば。


にこ◎



では、早速背表紙をごらん下さいませ^^


e0189214_23104391.jpg

e0189214_23112381.jpg
e0189214_23115279.jpg
e0189214_2312555.jpg
e0189214_23123793.jpg
e0189214_23135450.jpg
e0189214_23142088.jpg





今回は、大橋歩さん特集です!
[PR]
by mauadelicatessen | 2009-11-10 00:00 | 古書のお知らせ
11月ですね!
ぶるぶるぶるぶるぶる




もう、ひらがなで表すと
寒いのがより一層強まります。


さ さむーいですね。


良かった、
ちゃんと四季だ。寒いときは変わらず来るのだ。


みなさま お元気ですか?
私は変わらず元気でよく食べます!


あっという間に11月。
まずは10月の集計を報告致します。


10/12〜10/31
●おむすびの竹皮の返却・・・41枚

●マイ容器持参・・・15人

●お店の容器を再度持参・・・17人



お客さまが「これ・・」と容器を差し出してくれた時の嬉しさと言ったら!

本当に本当に、ご協力ありがとうございます◎


実は世の中というのは、
想像以上に厳しいだろうと、受け入れてくれないのかもしれないと思っていました。


そして今、数字を見て
嗚呼、誰もが感じていたことなのかもしれない、と思えるようになりました。


「容器を洗い、持っていく準備をする」=「実践する」その一歩が、
ひと手間かける温かさにつながり、その背景を想うと私は毎回泣きそうになります。

そう私こそ、お客さまから心の豊かさをたくさん頂いています。


今日も、一人暮らしのおじいちゃんが買いにきてくださいました。
お店の紙袋を持ってみえてその中を見ると、前回買った時の容器が全て洗ってあり、
竹皮も入っていて、「ほら、持ってきたでこれに入れて」とひとこと。

杖をつき、ゆっくり歩きながらも毎回来てくださいます。

こうして支えられているお店は、
メニューや量は少しずつだけれど いつもここには心があって
他では味わえない「食べること」に愛おしさがあって
ほっと、味わい深いおいしさがあります。



もうひとつ、
お客さまがこの店をきっかけに「マイ箸も最近持つの」と教えてくださったり、
いらない容器をいっぱい持ってきてくださったり、
自然とゆったり綿帽子のように「きっかけ」が広がっていくのがなにより感激です。



もう少し慣れてきましたら、
年末にむけてのイベントの企画や雑貨の紹介など、アップできればと思います。


古書も、もうすぐ11月仕様に◎

それでは良い休日を迎えられますように。

e0189214_2284495.jpg


天日干し中のみなさん
[PR]
by mauadelicatessen | 2009-11-02 00:00 | 営業案内