MauaDelicatessen 無添加デリとおむすびのテイクアウト専門店 不定期で営業しています
by mauadelicatessen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Mauaで活躍する大切な仲間たち [調味料編]


「巡り会えた たからもの」



みなさまこんばんは. ぅ〜、冷えますね。
今日は、今年一番の寒波、岐阜は最高気温が7℃!!でした。
そして、岐阜の山間部はいよいよ本格的に冬支度が始まり始まり。。。
雪が積もるほど、一日中、そして今なお降り続いているそうです。


さて、今日は、そんな時間にぴったりな「普段」のおはなし。

Mauaで活躍している調味料さんのご紹介です。
ずらずらずら。。。では向かって左からご紹介いたします。
e0189214_2148998.jpg
一番最初に出逢った「太香胡麻油」
これは実家で母がずっと使っていたもので、しかも「香り命」ということで
いつも少量サイズを買っていました。それが今も私に受け継がれています。
ちなみに、中華風ドレッシングは太白胡麻油を使用しています。

2番目「海の精 国産うすくち醤油」
これは、「海の精」という塩で作られているのが決め手です。
Mauaのおむすびが、この小豆島で作られている「海の精」を使用していることもあり、
塩の味わいに確かなものを感じます。
うすくち醤油の塩分は、だいたい18%だそうですが、こちらは16%です。
かといってぼやけて薄い訳ではなく、塩本来の力強い味、豊富なミネラルによる味の深みがあり
塩分が少なくてもキリッとした風味があります。
色は、やや、ややありますが、茶碗蒸しにとっても良く合います。

3番目「花美蔵 純米料理酒」
岐阜・八百津にある本みりんで有名な酒屋さん・白扇酒造のものです。
本みりんを購入した時に試しに使ってみたところ、なんてうま味のあるお酒・・・
今までが特に透明感あるものだったのか、この料理酒はすこーーし(ほんとに少し)黄みがあり、
立体感・とろみのあるテクスチャーです。
酵母から出る芳醇な香りがうま味に変わるだけあって、そのうま味の広がり方には
何度も余韻に浸るほどです。
豚の角煮が、あっさりしすぎずしかも柔らかく上手に作れます。

4番目京都「千鳥酢」
これは本当に、これ以外使えないくらいの宝物。

5番目滋賀「丸中醤油」
最後の最後まで決められなかったのが、醤油です。
いえいえ、今までも本当に素晴らしい醤油に出逢えていました。
そして、一時は3種類を使い分け、その時ほど「こんなに差があるものは他に無いんじゃないか」と思うほどでした。そして、、
ぴたっと、空気が止まったように。このお醤油の一滴が最後のパズルにハマりました。
不思議なことに、Mauaのお米もしょうゆも滋賀です。
すごくすごく重要なものがこうして重なるということは、きっと先代から繋がる何かが
体の中にあるのだと思います。 一口味わった時の、世界観、忘れられないほどです。

6番目イタリア「Aceto balsamico di Modena balsamic vinegar」
有機ぶどうのバルサミコ酢。3年以上熟成されて、甘みと酸味がちょうどいいです。
おろしショウガ・にんにく・玉ねぎ、ナツメグ、オリーブオイルでおいしいマリネが出来ます。
白ワインビネガーの方もおすすめです。

7番目白扇酒造「福来純 三年熟成本みりん」
本みりんも千鳥酢と同時期に知りました。 もう10年選手です。
最初に、このみりんのみで漬けたプチトマトのコンポートを食べたのがきっかけです。
これも、他に変えられない宝物です。

あとは、、

砂糖と塩。です。

これらも、本当に美味しい。
信頼している調味料で作ったものは、全てに血が通ったような
生きた・命をつなげる たべものになります。

道具に対しても同じ気持ち。
だから、末永く大事に大事に応援していたいです。


出逢えて本当に良かった。

今日はこれでおしまい◎
[PR]
by mauadelicatessen | 2012-11-16 00:13 | ひとりごと
<< 東京での日々 Ginga「live even... >>