MauaDelicatessen 無添加デリとおむすびのテイクアウト専門店 不定期で営業しています
by mauadelicatessen
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
紅茶のご紹介
ただ今7種類ございます。



お待たせいたしました!
紅茶のご紹介です。


定番2種類と、シーズンもの3種類、売り切り2種類です。

e0189214_0222117.jpg

<定番>

・ホテルブレンド                            750円/50g
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インドの五つ星ホテルで取り扱われている、日本ではG-clefさんオリジナルブレンドです。
抽出時間の長いほど、味にカカオの風味が出てきます。
まるでチョコレートのような、コクのある味わい・・・
ミルクを加えてぜひ一度お試しくださいませ。

2gで100℃の熱湯を150ccで、(5分〜)10分以上抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・アールグレイ・ランカ・クラシック                   800円/50g
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有機茶葉使用
スリランカの農園で丁寧に作られた有機茶葉です。
封を開けた時のなんと華やかな香り。気分が落ち込んだ時や明るさを取り戻したい時に最適。
高揚させてくれ、リラックスには一番な香りです。
(そう、高揚=刺激・興奮ではなく、心晴れやかになるのです)
香りの後は、爽やかさと深みのある味で さらに心がすうっと 軽くなり・・・
ミルクとの相性もよいです。

2gで100℃の熱湯を150ccで、3分間抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<シーズン>

アッサムセカンドフラッシュ(ディンジョイ農園)
 FTGFOP1 Cl                             1050円/50g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有機茶葉使用
これは・・・!です。

このアッサムのバランスは、とても素晴らしい!
ぜひ、ぜひミルクで・・・!
しっかりした甘み、ブレない力強さを感じる渋味、これはミルクティーにぴったりです◎

なかなか家で飲むミルクティーで、ピンとくるものがなかったのですが、
これぞ「アッサム」という、醍醐味を味わえることでしょう。
もちろん、このしっかりしたアッサムの味をストレートに味わうのもおすすめです。

・お菓子は、シナモンの香るもの、マロングラッセや(ミルクティーには)スコーンが合います♪

2gで100℃の熱湯を150ccで、3分間抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ダージリンセカンドフラッシュとは・・・

セカンドフラッシュ(夏摘み)は5月半ばから6月半ばにかけて収穫されるもので、
『マスカテルフレーバー』と言われるフルーティーな香りが特徴です。



・ダージリンセカンドフラッシュ(セリンボン農園)
 FTGFOP1 DJ-84                    1000円/25g 1980円/50g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有機茶葉使用
セリンボン農園は、オーガニック、およびバイオダイナミクスに意欲的に取り組む農園で、
今季も香りの良いダージリンをいくつも産出しました。(1866年に設立された歴史ある農園です)
このDJ-84は、セリンボン農園が本来持ってる、華やかなマスカットフレイバーが
感じられる逸品で、豊作の2011年ならではの出来栄えです。ーーーーーーーーー(表示より)


ほんとうに、涼やかでいて(=マスカットフレイバー)艶を感じる華やかな香りです。
そして、力強さを感じる味わい。焙煎の度合いが絶妙です。
当店では、ダージリンを2種類ご用意していますが、
このDJ-84は、日に日に深みが増す熟された美味しさが楽しめます。
届いてすぐ試飲した時は、口の中にふわりと、マスカットのような香りが爽やかに広がったのを
覚えていますが、飲み終わりには、この先を期待させる柔らかい焙煎の味わいを感じました。

それから一ヶ月半ほどたった今、店頭で出会える茶葉たち。
これから寒い時季を存分に楽しめる深みのある味わいに 少しずつ熟成されています。
肌寒い日には、この奥行きのある濃密な深みをゆっくり味わえる時間、 
こちらのDJ-84と共に過ごしてみてはいかがでしょうか?

お菓子は、ビターチョコレート・バタークリームのお菓子など
コクのあるものなどがよく合います* 

2gで100℃の熱湯を150ccで、5分程度抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・ダージリンセカンドフラッシュ(サングマ農園)
  SFTGFOP1 DJ-142 Muscatel            1100円/25g 2180円/50g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有機茶葉使用

サングマ農園から産出されるお茶は、どれも美しい・・・

2010年は、「タルザム農園」のダージリンをご用意致しました。
(タルザム農園は、名園サングマ農園のクローナル区画が独立した農園です。)
昨年、私の中での「紅茶」の概念を見事にくつがえしたダージリン。
お茶の表現で「ジューシー」という言葉をしっかりと感じた逸品でした。

そして今回この、名園サングマ農園のダージリンが、初登場です。

まず、乾燥した茶葉の入った袋をくんくん。。このふくよかな甘い香り。
お茶を入れる前から、茶葉に魅力たっぷりです。 きゅん・・・
表示通り、お茶をいれる。     ーーーーーーーーーーーー出来ました!

やはり、香りの高さはさすがです!
華やかでいて、なんとも見ていて凛と背筋が伸びるような端正な爽やかさ。
そして口に含むと、なんと見事なバランス!
最初はほのかに繊細さを感じつつ、バランスの良さを徐々に表してくるのですが、
3口目位から、この味の奥行きに感動し始めます。
冷めても、はい、最後のひとくちも、この味の確かな存在感を味わうことができるのです。 

サングマ農園・DJ-142のもう一つのよい所は、
条件に少し差があっても 美味しくいれられることです。


2gで100℃の熱湯を150ccで、3分間抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<残りわずか>

アッサム                         50g 660yen→300yen
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日常茶としてどうぞ♪
以前ご紹介したチャイの作り方です。

この茶葉でおすすめのチャイの作り方(2人分)ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・水 100cc
・牛乳(低脂肪がおすすめ) 300cc
・アッサム ティースプーン山盛り2杯
・クローブ 2粒
・カルダモン 2粒
・シナモンスティック2本

1、鍋に水と細かく砕いたスパイスを入れて強火にかける
2、スパイスが湯に浸り始めたら、アッサムを入れて、葉がよく開くまで煮る。
3、開いたら、冷たい牛乳を注ぎ、そのまま加熱。
4、鍋の表面が全体に小さく煮立ってきたら火を止める。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、(2)のお茶を煮出す所まで多めにつくっておき、
冷ましてから保存容器にいれてストックしておくと、いつでもチャイが頂けます♪
(賞味は1〜2日です。)

生姜のスライスを1〜2枚加えて、夜の温かい時間にいかがですか。

(賞味期限2012/1月)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




・ニルギリ(有機栽培茶葉)
                50g 420yen→100yen
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニルギリは、大変さっぱり さらりと飽きのこない飲み口です。
こちらは標高2000mで栽培された有機栽培のもの。
朝時間のないときなどに、さっと出せる抽出の短いお茶です。

2gで100℃の熱湯を150ccで、2分間抽出してお飲みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以上、7種類の厳選された美味しい紅茶、これからの長い秋〜冬のお供に、どうぞ〜♪


(お茶もお野菜と同じ、その年その年で美味しさや出来が違います、
 今年は特に素晴らしいとのこと、みなさまにそのお裾分けを少しでも出来たらと思います♪)


お茶を通して、いろいろ分かってきたこと。
味わいのなんと深いこと。
そのお茶の木が、どのように大切に育てられて、どうしたらよりいい子になるかを
いつも生産者さんが向き合ってつくられているんだなぁ。としみじみ思いました。

ん、そう、お野菜・お肉、いただく恵み、全てにおいて。
それは、作り手、家庭でいうならお母さんの作る「たべもの」 

それが、全ての原点では ないでしょうか.





まうあ

(またね〜)
[PR]
by mauadelicatessen | 2011-10-11 11:10 | 雑貨のお知らせ
<< ルッコラとレンズ豆のサラダ 今月のスイーツの日は・・・ >>