MauaDelicatessen 無添加デリとおむすびのテイクアウト専門店 不定期で営業しています
by mauadelicatessen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
3月のいろいろ 
いろいろ ありました


3月 いかがでしたか。
桜がやっと? 週末あたり。


はい、4月ですね。
心機一転、ワクワクする〜!

なになに いっぱいあるよ!楽しいこと〜*
あとであとで、お伝えいたしますー*


まずは、3月の 竹皮・マイ容器の集計です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●おむすびの竹皮の返却・・・148

●マイ容器持参・・・36


割引分を寄附に充てられた方の分・・・68
(20円の寄附となります)

ということで、320個 =3200円の寄付金を


国境なき医師団の医療チームによる、
東日本大地震:救援活動への支援金と致します。


[本日の活動]ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東日本大地震:他団体の臨床心理士とも連携(4月1日)

国境なき医師団(MSF)の医療チームは宮城県南三陸町の避難所での活動を継続し、
さらに、岩手県宮古市田老町で診療を行っていた医師への支援を開始した。
MSFは23日には、南三陸町で衛生用品キット1万個を配布。
25、26日には、電池、ろうそく等の入ったキットを4000人に配布。
MSFは今後、社団法人日本臨床心理士会の6人の臨床心理士もサポートし、同会がケアを必要とする人びとを特定し、また物資面の援助を行うのを支援する。


Japan quake: MSF works with psychologists in aftermath of Japanese quake (1 April)

MSF medical teams continue to work in evacuation centres in Minami Sanriku in Miyagi prefecture and MSF has also started supporting a Japanese doctor working in the town of Taro in Iwate prefecture.
On 23, MSF distributed 10,000 hygiene kits to evacuees in Minami Sanriku. On 25 and 26, non food item kits containing batteries, candles and so on were distributed to 4,000 people.
The psychologists with whom MSF plans to work come from the Japanese Society of Certified Clinical Psychologists and MSF will assist them in identifying populations in need of assistance, as well as providing logistical support.



今 少しずつ 落ち着いて考えていることがあります。
さまざまな状況・タイミング・その価値、最善の努力をして 結果がどう生まれるのか

固いことではないですが、大事なものです。


もし、動き出したら 
またアップいたしますね。


・・・・・・ケロケロ


ん、なんだか曇り空ー 。



次は 四月のご案内!
[PR]
by mauadelicatessen | 2011-04-02 00:01 | 営業案内
<< 糸の造形展 No.13 4月の営業案内 >>