MauaDelicatessen 無添加デリとおむすびのテイクアウト専門店 不定期で営業しています
by mauadelicatessen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2月のいろいろ


みなさま
冬のさんむい温度、楽しく痛感してますか?
(いやー、限界 ありますね ない?ある?越えた?)


37年前の今日、2/17は 
な南国、久米島にある測候所で、みぞれを観測したそう。
沖縄における唯一の降雪の記録ですって。

ということは、立春を過ぎても
今年のバレンタインのように、1時間あまりで
むちゃんこ積もった、
むっちゃんこ寒い日があってもおかしくないのですね。

これを余寒というのだなぁ。

季節がある日本人の時間の感覚と、
季節がない国の人の感覚・・・
違うだろうなぁ。 


春はどこにおるんですかね。
おばあちゃんのおしりの下ですかね。



見つけたら いいこと教え ちゃおかね




さて、と、

2月の容器の集計です。



●おむすびの竹皮の返却・・・78枚

●マイ容器持参・・・62個


割引分を寄附に充てられた方の分・・・36つ
(20円の寄附となります)

ということで、242個 =2420円の寄付金を

国境なき医師団の方へ
募金いたします。




そして今日は

岩茶(中国茶)のご紹介です。


この寒いあと一ヶ月弱を、体を温めるお茶で乗り切りませんか?

さてその岩茶とは、なんでしょう。

おとなりの中国、福建省の神仙境、武夷山の岩に生息するお茶の種類で
いわば、天然の烏龍茶、最高峰の烏龍茶です。


生育地・武夷山は、
紫紅色の肌をした奇峰36峰、奇岩99カ所の岩塊で成りだっており、
全てに名前がついています。

岩肌は、どれも赤みを帯びているのですが、
その昔、これらの岩塊は 海中で一つの世界を形成していたそう。

やがて海から飛び出て陸となり、山となりました。
そして、大気中の酸素と岩の成分の鉄が反応し、肌が赤くなったようです。

標高の高さと、岩本来の養分、そして朝の光と山の水で
肥料も農薬も なにもいらない。


す 素晴らしすぎます。。


さて、その数ある品種の中で マウアは

武夷岩茶 肉桂 を皆様にお届けいたします。

「梅占」「奇種」「佛手」「肉桂」の4種類が岩茶の主な品種ですが、

肉桂は、特に香りがロマンチック。
キンモクセイの香りが特徴で、名前のごとく、シナモンにも近い独特の芳香です。
さらに、甘みもたっぷり感じられる 飲む人を酔わせるお茶 なのです。

(おお、いい香り・・・)
今、3煎目を頂いています。

ふふふ。中国茶は、7煎まで楽しめるといいます。
この岩茶も、例えば一日ゆったり過ごしたい時に
朝は目覚めの一杯、夜は夜の適した薄さのお茶で頂けるという

たっぷり楽しめるところも魅力です!


で、です!



最後にですね、
小話です。




中国にはですね、長寿の伝説が山ほどありまして。
そのひとつ。

彭祖(ほうそ)という、殷(いん)の時代の仙人がおりまして
まあ、800年以上も生きたと言われる人物がおったそう。

(・・・んー・・生きすぎ、、)

また、神仙術の達人「葛洪(かっこう)」が、十数年かけて書き上げた書物で、
「抱朴子(ほうぼくし)」という老いないための秘術書があります。

その彭祖なる人物について、この中でこう記しています。

「彭祖は常にわかわかしく見えた。
 人を惑わす変化(へんげ)や鬼神怪異のことをするわけではなく、
 ただ無為にして底知れぬ感じであった。
 いつも腹式呼吸をする。
 
 冬は温かく 夏は涼しくして、
 四季の調和を誤らないのが健康に適うことになる。

 快い音楽によって耳目を娯(たの)しませる。
 それがこころを導くことにもなる。
 美しい色、うまいものからも益をうけることはできるが、
 すべてこの類のものは水や火のごときのもので、
 程度を越すとかえって害になる。
 取り越し苦労は人間に害がある。
 憂愁や悲哀も害がある。
 怒って腹が納まらないものも害がある。
 くよくよ悩むのも害がある。
 
 天地は昼は分かれて夜は合(がっ)する。
 一年に360回交わって清気が和合する。
 かくして万物を産み続けていく。
 人もよくこれに則(のっと)るならば、長生きすることができるであろう。

 さらに服気の法(深呼吸)がある。
 この法を会得できれば邪気も入り込めない。
 これぞ身を治める根本である。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「神仙伝」平凡社刊、沢田瑞穂訳


この、彭祖には2人の息子が いた。
兄を「武」と言い、
弟を「夷」と言った。

「武」と「夷」が山を拓いた。

それで、武夷山とよばれるように、  なった。

殷王の手を逃れて、彭祖は息子たちが拓いた武夷山に住んだ。
以来、武夷山は仙人の住む霊山として、中国の憧れの地になったのである。


仙人とは、

人の体にある自然を限りなく引き出して、
飄々と生きる人のことなのだなぁ。




しみ じみ





ただ今、マウアで限定数(残り4つ) 

武夷岩茶 肉桂 50g 1.400円 ご用意しています。



試飲もお気軽にお声がけくださいませ^^
[PR]
by mauadelicatessen | 2011-02-17 00:00 | 営業案内
<< 3月の営業日について 2011.2月の営業日について >>